スマートフォンとタブレットの2台持ちがおすすめな理由

スマートフォンは電話だけでなく、いろいろなことができるのでビジネスシーンでとても有用な道具です。PDFファイルの閲覧や、ワード、エクセルなどのオフィス文書り閲覧や編集もできます。また、クラウドストレージも使用できるので、仕事で使うファイルにいつでもアクセスできます。しかし、スマートフォン1台だけだと作業効率があまりよくありません。画面が小さいので、見にくいですし、キーボードも小さく文字入力がとてもしにくいと感じます。

スマートフォンを2台持ちするのも悪くはありませんが、画面の大きいタブレットがより便利です。自宅や職場でパソコンのモニターを複数使っている方も多いと思います。デュアルモニターは仕事の効率が大幅にアップします。タブレット端末を利用することで、外出したときにもそれと似た環境を再現できるわけです。

例えば、スマートフォンで資料を閲覧しながら、タブレットで編集をするといった使い方ができます。また、電話が鳴ったときに、スマートフォンしか持っていないと資料を閲覧することができなくなりますが、タブレットがあれば、資料を見ながら電話をすることができますので、大切な顧客を待たせてしまいイライラさせることがなくなります。

ただし、基本的にタブレットには物理キーボードが付いていないのでパソコン程作業効率はよくはありません。しかし、持ち運びのしやすさやバッテリーの持ちからするとパソコンよりも便利だと言えます。もし、必要ならBluetoothキーボードもいろいろな種類が市販されているので購入するのもよいでしょう。ケースと一体になっている製品もあるのでスマートに持ち歩くことができます。

スマートフォンは必ず持ち歩くものですので、ビジネスシーンでも必需品ですが、さらにタブレット端末があるとより効率的に仕事ができるようになります。ビジネスに手ぶらで出かけることはありません。当然バッグを持っているので、タブレットを持って出かけるのもそんなに負担ではないでしょう。

ちょうどiPhone7が発売されるのでこのタイミングで2台持ちを始めるのも良いかもしれませんね。
ちなみに私はiPhone7の予約はソフトバンクと決めています。

自分に合っているおいしいものを飲みたい

青汁は健康にはとても良いものですが、苦いものも多く長続きしないなんてことがしょっちゅうあります。良薬口に苦しといいますが、どうせならおいしいものを飲みたいです。

最近では青汁にも抹茶風味などの味のものがでていて、美味しく飲めるように工夫されて売っています。粉末タイプのものが多くて手軽ではありますが、溶けにくいものも中にはあって、粉がダマになって口の中に残り、飲みにくいということもあります。

私としては水に溶けやすくておいしい青汁を購入して健康のために飲み続けたいと思っていますが、なかなかこれだとしっくり来るものが見つからないでいます。おいしいからといって飲み続けることができるかというとそうでもなく、やはり自分に合ったものが一番飲みやすく続けやすいのです。

自分に合っているかどうかは買って飲んでみるまでは分からず、合わなかった場合買ったものがもったいないので、いつも少量を購入しています。

ネットでのクチコミなども参照にしながら自分に合っているものを探していますが、クチコミも人によっておいしいといっていたりまずいと言っていたりするので、どっちが本当のことを言っているんだろうと迷うこともあります。やはり自分で飲んでみるまでは分からないものです。

披露宴や祝宴のご祝儀

一般的には、ご祝儀はのし袋に包んで受付に納めます。この際、丁寧に頭を下げて相手(受付担当者)に文字が見やすい方向にして差し出します。
のし袋は「結び切り」のものを使うのがいいでしょう。相手と金額にもよりますが、祝儀袋があまり豪華過ぎてもよくありません。
また、のし袋の中に小袋がありますが、そこに現金を入れて金額を記入するようになっています。あとで、整理する際にも便利ですから、金額は必ず記入するのが常識です。
ちなみに、受賞パーティーなどの場合は「蝶結び」ののし袋でも問題はありません。
金額は、同僚や友人の場合は1~3万円くらいが一般的になっています。祝儀は出来れば、新札が好ましいでしょう。
考え方としては、目下の者には手厚く、目上の人には張り込みすぎずというのが常識的な考え方と成っています。また、金額としては「4」と「9」という数字は原則としてはタブーとされています。
服装は、「平服で」と書かれていても、普段着ではありません。略礼服という意味です。
男性であればフォーマルスーツ、女性の場合は、花嫁よりも目立つようなものにはならないようにしましょう。
既婚者は和服の場合には年齢に関係なく留袖とするのが常識です。

クール目指しましょう、クール

私は基本的には感情は抑制しないほうがいいと思っている人間です。
感情は抑制すれば抑制するほど、結構身体にダメージを与えていることに最近になって気づいてきました。
そういうとき、まぁお酒なんかを飲んだりすると、大体失敗してしまうんです。
下手をすると人生取り返しがつかないレベルに失敗することもあると思うんで、感情はあまり抑制しないほうがいいと思っています。

しかしながら、私たちも子供ではないので、常に怒り狂ったり泣いたり喚いたり、はたまた大笑いしまくっているわけにもいきません。
仕事をしていれば気を使うこともあるし、全ての人の前でありのままに振る舞うわけにはいかないのです。
ですので、常に感情を抑制しないような人になるわけにもいきません。

私はブログを書くということで割と感情を発散しているつもりです。
基本的にはあまり我慢せず、ここでは言いたいことを言おうとしています。
まぁ、一応誹謗中傷めいたことは書かないように気をつけていますので、あまり不快な思いはさせていないはずですが。

皆さんも、なんでもいいので、自分の感情を吐き出せる環境を作りましょう。
そこで感情を発散させて、次の日には涼しい顔で仕事をテキパキやる、これがクールというやつなんでしょう。
皆さんもクール目指して頑張ってください、中々難しいんですけどね、クール。

消費者金融は大手から選ぼう

無難に消費者金融を選ぶなら、知名度の高いところがいいでしょう。
ネットや雑誌、電話帳に情報のない業者から借りてはいけません。
稀に超低金利を謳っている業者がありますが、ホームページを持っていないことが多いのです。
業者により多少の金利差はありますが、極端に低金利の業者は存在しません。
消費者金融の金利は、4.5%~18.0%くらいの設定となっています。
金利には幅があり、4.5%などと固定金利を設定していることは通常ありません。
お金借りる金額が小さいと高金利であり、大きくなるほど低金利になるのです。
もし借入額に関係なく、3%といった超低金利をアピールしている業者があったら注意が必要でしょう。
知名度の高い大手業者を比較する選び方なら、まず失敗はありません。
知名度を売りにしている業者ほど、クレームや誹謗中傷を嫌うものです。
こうした業者には悪徳業者は存在しませんし、金利も低いので借りやすいです。
審査のスピードも速く、即日対応してくれるので、急な出費のときも安心できます。
地元の中堅業者を利用するのも有りですが、限度額は少なめになります。
資金力の問題もあり、限度額を最高50万円に設定している業者が多いのです。
また、フリーローンという扱いになっており、カードで借りたり返したりできないタイプが多いです。
借りるときは窓口で一括融資、返すときも毎月の指定日に窓口に行く、というパターンがメインとなります。
利便性を考えるなら、大手から借りることをおすすめします。

結婚の意味を知る

最近、結婚という意味が理解出来るようになってきた気がします。

よくプロスポーツ選手が若いうちに結婚しますが、 なんでお金もあってモテるのに結婚しちゃうんだろう…って思っていました。

勿論、プロスポーツ選手の全員が全員すぐに結婚する訳ではありません。 中には全然結婚しない人もいますね。

代表的なのは武田とか前園とかサッカー選手に多い気がします。 彼らはもうとっくに引退しいますけどね。

でも対照的にキングと呼ばれるカズは若い頃に結婚をし、 短命と言われるサッカー界で今も尚現役を続けています。

結局、これが答えなんだと思います。

若いうちは自分で何とかなりますが、 年齢を重ねていくうちにフィジカルを維持するのは自分だけでは難しくなっていきます。

特にスポーツ選手なんかは体が資本なので、 体調管理は一般よりも特に重要な問題ですよね。

そこを支えてくれるのが結婚相手である奥さんの存在です。

それが無いとどうしても生活が不摂生になり、 体調が管理出来ず思うようなパフォーマンスを発揮出来なくなります。

早いうちに結婚をしているスポーツ選手は 割りと長く続けている人が多いと思いませんか?

もちろん奥さんが献身的に何でもやってくれる人が条件ではありますが…。

私も歳をとり、健康面とか一人で管理するのは難しくなってるなと感じました。 そういうところに結婚の意味があるのかなとも思います。

昔は恋愛の延長が結婚だと思っていましたが、 そんなことはないですね。

しっかりと自分を支えてくれる人こそが、 結婚相手として望ましいのだと思います。

間違っても結婚がゴールと思っている女性とは結婚しないことです。 そこがスタートでそこからお互い支え合いながら生きていくという考えを持っている人じゃないと難しいと思います。

ストレス発散には買い物がイイね

毎日生きているとストレスが溜まります。
ちょっとしたことの積み重ねでどんどん知らないうちにストレスが溜まるんですよね。

ストレスが溜まると怒りやすくなります。これは持論なのですが怒りすぎるとよくないって感じますね。

なのでストレスが溜まってきたら私はなるべく買い物をするようにしています。なぜか買い物するとストレス発散が出来るんですよね。

なのでストレスがたまると買い物をするようにしています。
でも買い物ってお金がかかりますよね。

仕方ないですけど。ストレス溜めて怒りっぽくなり、人から敬遠されるぐらいなら借金してでも買い物してストレス発散したほうが私は良いですね。

感情的になりすぎると私の場合手が付けられなくなりますから。そして落ち着いたときのあの罪悪感と言ったら。

なのでそんな状況になるのが嫌なんです。
とするとやはり買い物したいときに買い物できる状況にしておくことが私にとってはとても大切な事なんです。

そういうわけで私はいつでも限度額まで自由にお金を引き落とすことが出来るカードローンを契約しました。

お金必要というサイトで選んで決めたのですがカードローンは便利ですね。コンビニのATMで簡単に降ろすことが出来ますから。

ただ便利な分、あまり度を越した使用は避けるように自戒しなければなりませんね。

その自戒分がストレスになりそうですが・・・

最低限のマナーがなっていない人が多い

最低限のマナーがなっていない人が多いですね。
電車なんてマナーがなっていないというか思いやりのない人が多いですよね。

妊娠している方のマークが見えているのに席を譲らないとか、元気なのに優先席に何の躊躇もなく座るとか、本当に見ていて腹が立ちます。

人の事を思いやれない人間は何をやっても成功しません。
自分のことしか考えられない人間がビジネスで成功する訳ありませんよね。

ビジネスは人と人との付き合いです。
相手方がいて自分がいいる。

重要なのはいかに相手の気持ちを察して先回りして行動するかです。
普段の生活で他人のことを思いやる気持ちが付いている人は人が何を考えているのかを感じ取る能力に長けていると思います。

たった一つの気遣いを日常生活で意識することが全てに有機的につながっていきてくるんです。そういった目先の欲望にとらわれて先の事を考えられない人を見ていると怒りと同時になんか悲しい気分になりますね。

最低限のマナーというものを常に意識しておけば自然と良い方向に体がチューニングされるんです。でも現実は最低限のマナーがなっていない人が多いですよね。

こういったことは長年の行動の積み重ねなのですぐさまに治るものではないですが、今からでも遅くはありません。最低限のマナーや思いやりを学び人の事を考える思考になればもっとビジネスでも家庭でも成功していくと思います。

やるかやらないかはあなた次第です。