披露宴や祝宴のご祝儀

一般的には、ご祝儀はのし袋に包んで受付に納めます。この際、丁寧に頭を下げて相手(受付担当者)に文字が見やすい方向にして差し出します。
のし袋は「結び切り」のものを使うのがいいでしょう。相手と金額にもよりますが、祝儀袋があまり豪華過ぎてもよくありません。
また、のし袋の中に小袋がありますが、そこに現金を入れて金額を記入するようになっています。あとで、整理する際にも便利ですから、金額は必ず記入するのが常識です。
ちなみに、受賞パーティーなどの場合は「蝶結び」ののし袋でも問題はありません。
金額は、同僚や友人の場合は1~3万円くらいが一般的になっています。祝儀は出来れば、新札が好ましいでしょう。
考え方としては、目下の者には手厚く、目上の人には張り込みすぎずというのが常識的な考え方と成っています。また、金額としては「4」と「9」という数字は原則としてはタブーとされています。
服装は、「平服で」と書かれていても、普段着ではありません。略礼服という意味です。
男性であればフォーマルスーツ、女性の場合は、花嫁よりも目立つようなものにはならないようにしましょう。
既婚者は和服の場合には年齢に関係なく留袖とするのが常識です。